HOME > 会社紹介

COMPANY

安全、快適に利活用されている高速道路。
そこには、いつも私たちの技術と情熱があります。

平成17年に日本道路公団が民営化され、東北の高速道路はNEXCO東日本が管理する体制となりました。翌年、高速道路の保全管理を専門に行うプロ集団として設立されたのが当社ネクスコ・エンジニアリング東北です。 当社はNEXCO東日本の100%出資グループ会社として、高速道路を通じて地域社会の発展と経済の活性化に貢献します。

創立 平成18年6月20日
代表 代表取締役社長 土屋 一郎
社員数 548名(R1.12.1現在)
資本金 9,000万円
所在地 仙台市青葉区花京院2-1-65 いちご花京院ビル

→詳しくはオフィシャルサイトの「会社概要」をご覧ください。

専門家として高い技術が必要とされます。

時速100kmの高速空間。ちょっとしたミスが大事故につながる可能性がある高速道路が私たちの現場です。快適な走行と安全の確保に資するものになるか、生命に関わる危険を残すものになるか・・・その責任は重大です。そのため、常に最先端の高い技術が必要となります。 高速道路の「安全・安心・快適・便利」を実現するためには、専門的な知識・能力はもちろん、最高水準の技術者倫理を身に着けた「プロの技術」が必要です。

専門家な知識と能力・技術者倫理を追求し続けます。

高速道路に携わる者として惜しみなく技術を注ぐその根底には、予測される危機の回避や、「やってはいけないこと」「やらなければいけないこと」というモラルを慢性化させないなど当社の基本的な姿勢があります。
『常に最高の技術と倫理を追求し続ける技術者であれ』
ネクスコ・エンジニアリング東北の技術者は、技術と倫理の貪欲な追求者であり続けます。