HOME > 社員紹介 瀬川 恵裕

INTRODUCTION

社員紹介 瀬川 恵裕

キャリア・グラフ【瀬川の場合】

キャリア・グラフ

【現在の仕事】

高速道路施設を保全するための全てのプロセスに関わる仕事。

私が所属する施設計画課は、事業所が管轄する高速道路上の施設設備全般について、点検と管理を行っている部署です。電気職の技術者として、私は主に電気設備の運用検討や補修計画立案、故障対応といった保全管理業務を担当しています。

検査業務を担うチームと連携しつつ、点検で見つかった故障や老朽化などの問題点を検討して改善案を練り、補修や交換などの工事を実行するところまで一貫して手がけるため、高速道路施設を保全するための全てのプロセスに関わる仕事と言えます。

運用・補修のプランを本社や親会社に提案し、予算・役割分担・工法・発注先などを協議した上で、グループ会社や協力会社と連携して工事を行うというプロセスでは、一技術者としての職能だけでなく、全体を見渡す視点やコミュニケーション力、プレゼンテーション力などが必要です。そうした総合力を発揮することが、中途採用者に求められる重要な役割だと感じています。

【入社から現在に至るまで】

点検作業に打ち込んだ日々が、現在の業務で貴重な糧となった。

中途採用とはいえ、初めは誰でも1年生。技術者として専門分野の経験を積んだ人でも、高速道路を熟知しているわけではありません。もちろん私もそうでしたが、入社してすぐ先輩に連れられて各施設を巡り、一通りの業務を実感してから研修を受けたので、仕事の全体像をつかみやすく、スムーズに仕事を覚えることができました。

実務に就いてからも2名体制で現場に出るので、わからないことはすぐ先輩に聞き、そのつど解決する形で指導を受けられます。ですから、故障など突発的な事例に際しても不安なく対応できました。また、弊社の社風だと思いますが、上司や先輩とも打ち解けて話ができるような雰囲気があり、職場にも自然となじめました。

入社当初は検査業務への配属で、点検が主な仕事でした。点検作業では、目視だけでなく「異音や異臭はないか、温度はどうか」など、感覚を研ぎ澄ませて検査対象と向き合います。それを毎日続けるのですから、検査業務に携わる者は、高速道路の施設設備を最も深く、リアルタイムで把握している存在ということになります。この経験が、現在の保全管理業務をする上でとても役立っています。

【仕事の魅力・会社の魅力】

現場ならではの手応えを感じつつ可能性を広げていけるのが魅力。

施設保全管理を担う部門は本社にもありますが、本社では各事業所から上がってきたデータを基に統括的な管理を行うのに対し、事業所は常に最前線で現場と接しています。PDCAサイクル(※)の全てにダイレクトに関わり、その結果がはっきり見えるので、確かな手応えを感じることができ、やりがいにつながります。

こうした環境にいると必然的に、より多くの知識やスキルを求めたくなります。弊社は資格取得の支援制度が充実しているので、やる気さえあれば自分の可能性をどんどん広げていくことができます。私は入社前にも基本的な資格は持っていましたが、会社の支援を得てさらに上級資格にもチャレンジできました。国家資格など高額な費用がかかる場合も、業務に必要と認められたものは会社が取得費用全般を負担するので、これは大きな魅力です。

また、研修の機会も豊富です。資格取得に向けた技能研修をはじめ、設備機器メーカーなど社外の研修にも積極的に参加できます。分野も幅広く、例えば私はプレゼンテーション研修というものを受けました。補修計画の提案などで親会社と交渉をしたり、グループ会社と連携して工事を進めたりするシーンでは欠かせないスキルですから、こういう研修に参加できることも心強いですね。

※PDCA(plan-do-check-action)サイクル……Plan(計画)、Do(実行)、Check(点検・評価)、Action(改善)のプロセスを繰り返し、業務効率・品質を向上する管理手法。

将来のビジョン

高速道路の未来に貢献するため、自身の成長と後進育成を目指す。

先日、研修の一環として弊社の海外調査団「交通プロジェクト及び安全監査に関する調査」に参加する機会を得ました。視察国のドイツでアウトバーンや一般道を実際に走行し、とても大きな感銘を受けました。高速道路の先進事例を体感し、この経験をなんとしても今後に生かしたいと思っています。

そのためにも、もっと視野を広げて知識やスキルを磨かなければと感じます。具体的には、電気以外の施設関連で機械・通信・水質などの資格も取得し、より包括的な保全管理に携わっていきたいと考えています。

また、後進の育成にも力を注ぎたいですね。私自身が先輩から多くのことを学びましたし、OJTリーダー(※)を務めたこともあります。OJTのような制度だけでなく、日々の業務を通して「その日の気付きをすぐに伝える」という心構えで、自分が得たことの全てを還元していきたいと思います……あくまでも努力目標ですけど(笑)。

※OJT(On the Job Training)リーダー……実務を通しての新人育成を行う担当者。