HOME > 社員紹介 木村 佑太郎

INTRODUCTION

社員紹介 木村 祐太郎

キャリア・グラフ【木村の場合】

キャリアグラフ

【現在の仕事】

構造物としての高速道路を継続的に把握し、保全していく仕事。

私が所属する保全計画課は、事業所が管轄する高速道路の構造物全般について、点検および保全計画策定を行っている部署です。土木職の技術者として、私は主に橋梁やカルバートボックス(※)などの構造物を点検する保全点検業務を担当しています。

構造物の状態を現場で日夜確認し、常に安全性を保つとともに、調査で得たデータを適切な補修へとつなげていく役割も担っています。長年蓄積された点検結果のビッグデータを活用しつつリアルタイムで点検し、今後の補修計画を策定していくわけですから、構造物としての高速道路を「過去・現在・未来」と継続的に深く把握する仕事です。

私たちが現場から得た点検結果は、事業所内の各部署をはじめ本社やグループ会社へも正確に伝え、共有すべき情報です。従って、客観的な視点で報告資料を作成することや、グループ全体の点検報告会などで効果的なプレゼンテーションをすることも大切な業務の一環なので、技術力だけでなく総合的なスキルが鍛えられます。決して「現場で完結する業務」ではなく、一技術者としての枠を超えた活躍の舞台があり、十人十色のやりがいを発見できる仕事だと思います。

※カルバートボックス……高速道路と一般道路が交差するために設置されたトンネル。

【入社から現在に至るまで】

学ぶ機会を豊富に得て、技術者としての視野が広がったと実感。

前職で道路舗装や橋梁補修の施工管理を経験していましたが、高速道路という特殊な現場で、自身のキャリアがどこまで通用するのかという不安は感じていました。しかし、先輩方に同行して現場で構造物を見ながら点検の重要ポイントを詳しく学べましたし、フォローアップも充実していたので、基本業務はスムーズに覚えることができました。

実務に就いてからも2名体制で現場に出るので、不明点はその場で解決する形で指導を受けられました。どんな質問や相談にも回答を濁さず、的確に応じてくれる先輩方を頼もしく感じました。入社前には「社員数百名という会社で複雑な人間関係に対応できるだろうか」と会社の規模に臆していたのですが、実際はとても風通しの良い雰囲気の職場でホッとしました。

また、橋梁維持補修の講習会や大規模な工事現場見学会など、他機関での研修にも参加を勧奨してもらえる職場環境なので、幅広い知識・技術を身につけることができました。日々の業務で経験を積むだけでなく、入社前には想像もつかなかったほど視野が広がり、技術者として成長できていると感じます。

【仕事の魅力・会社の魅力】

業務の奥深さを知るほど興味が湧き、スキルを高めたくなる。

高速道路にはさまざまな構造物があり、それぞれ建造からの年月や地域性、使用のされ方などによって一つ一つ異なる事象(劣化・損傷など)を起こします。そうした「構造物の生い立ち」を考慮しつつ原因を探っていく過程では、単純に前例には当てはまらず、直感的な印象が重要になるケースも少なくありません。そういう意味で、点検は非常に奥深い仕事であり、業務を通して知れば知るほど興味が湧いてきます。

点検の精度を高めていくために最も重要なのは実務経験ですが、それに加え、さらに知識・技術を磨きたいと思うようになりました。その点、弊社は資格取得の支援制度が充実していることが大きな魅力です。国家資格など高額な費用がかかる場合も、業務に必要と認められたものは会社が取得費用全般を負担してくれるので、積極的にチャレンジできます。

入社前に施工管理の基本的な資格は持っていましたが、現在は土木分野でさらに上級資格となる技術士やコンクリート診断士、RCCM(※)などの取得に向け、社内の技能研修制度を活用しています。こうしたスキルアップは、技術者として自身の成長のためであるとともに、弊社の信頼性向上に貢献できるものと考えています。

RCCM(Registered Civil Engineering Consulting Manager)……建設コンサルティング業務の管理・照査技術者になるための資格。一般社団法人建設コンサルタンツ協会が認定する民間資格。

将来のビジョン

テクニカルな面から、安全性の向上や業務の効率化に貢献したい。

弊社の人材育成に対する考え方には、大きく分けて二つの方向性があります。一方はヒューマンスキルを伸ばして管理職としての比重を高め、もう一方はテクニカルスキルを伸ばしてある分野の専門性を高める方向です。双方を併せ持つ総合力も当然必要ですが、私の場合は専門分野の知識・技術をさらに深めていきたいと考えています。

大切な社会資本である高速道路を、胸を張って次世代へ引き渡せるよう、テクニカルな面から安全性の向上や業務の効率化に貢献したい。そんな思いが、日々の業務を通して強まってきました。

決して途絶えることなく、高速道路の「過去・現在・未来」を維持管理でつないでいく保全点検という業務に携わったからこそ、芽生えた使命感なのかもしれません。中途採用として弊社を志望される方にぜひ伝えたいのは、一見して地道と思われがちな保全点検が、技術者としての意識変革にもつながる可能性を秘めた業務だということです。私にとっては、大きな価値を見いだせる仕事との出会いでした。